​アニメーションディレクター
須藤友洋

1日のスケジュールと、主な仕事内容を教えてください。

 

9:30が出勤タイムで、繁忙期でなければ、基本的に定時の18:30で退勤します。

忙しい時期は22:00くらいまで頑張る時もありますが、

あまり遅くなるときは「夕飯休憩」が30分あります。

夕食代が支給されるので、ご飯を食べてもうひと踏ん張り、という感じですね。

残業代は出ます(笑)。

 

日頃の業務では、クライアント様とチャットツールやビデオ通話でやり取りすることが多いです。

クオリティに関する共有などは、クライアント様と直感的にキャッチボールをしたいので、

なるべく文章ではなく、会話やビジュアル情報を重視しています。

​「動き」は、なかなか文字では共有出来ないので。

最近は、ビデオ通話中に液晶タブレットに作業画面を表示し、

メモやスケッチを上書きしながら、画面共有した状態でクライアント様とコミュニケーションする事も

多いです。

アニメーションディレクターとはどんなお仕事でしょうか?

 

まず、全体のクオリティ管理。

一人ひとりが自由に作っていると、人によって品質がバラバラになってしまうので、

的確にコントロールして最終的な品質管理を行っています。

あとは、進行管理です。

作業工数や進捗を把握して、社内で共有する事。

各プロジェクトに合わせて、1日にどのくらいのペースで進めていけば間に合うとか、

どのくらいの時間を割けば品質の良いモーションが作れるか、そういう判断をします。

アニメーションディレクターのお仕事に必要なスキルを教えて下さい

 

コミュニケーション能力です。

更に、品質を維持するための「観察眼」は大切。

あとは、「采配力」でしょうか。

「過去にこういう仕事をしてきた」「こういうモーションデザインなら任せろ」

という適正や個性は、社内スタッフそれぞれにありますから、

ディレクターは各自の得意領域を把握したうえで、

うまく采配して全体のクオリティを上げていくことが大事だと思います。

 

休日の楽しみは何ですか?

 

イベント等の催し物に出掛ける事が多いです。

ゲームやアニメ関連のイベントもそうですし、映画や演劇、ライブ、舞台なども良く観に行きます。

職業柄、「この作品は動きのクオリティが高いから注目してみよう」とか、

そういう目線で観てしまうのですけど(笑)。

 

 

最近お給料やボーナスで買った自慢の一品を教えて下さい!

 

夏にエアコンを買いました。

今まで、自分の部屋にエアコンがなかったので(笑)。

 

レベルアップ横浜スタジオの魅力は?

 

社内全体がフレンドリーなところでしょうか。

休日に一緒に出掛けることも多いです。

皆で協力しお互い高めあっていける調和関係が、とても良いところだと思います。

 

それと、制作環境が高品質なので、快適に仕事が出来ます。

ハイスペックなコンピューター、マルチモニター(トリプルが基本で、クアッドを使いこなす人もいます)、

クリエイター向けの高機能チェアーなど。

CGスタジオとしては最高の環境だと思います。

 

今後目指していることや、目標について教えてください

 

周囲のデザイナー・アニメーターの得意な能力を見極める力を、更に鍛えたいです。

新人さんの教育にも力を入れたいです。

新人さんの個性に合わせて、どのように教えれば効率的に成長出来るか、

一つ一つ丁寧に教えられる模範的な先輩になって、後輩をレベルアップさせたいです。

 

最後に、3DCGの世界を目指す人へのアドバイスをお願いします

 

様々な作品を観て、観察眼を鍛えて下さい。

当然、作品によって動きの質やタイプが違います。

リアル系のものはできるだけ現実に寄せて、精密に再現する事が大切ですし、

一方で、実際にはあり得ないけど、軽快なテンポで気持ちいい動きがあったり。

独特な動きは、なぜそのように動くのか。原理を突き詰めていく探求心を持って欲しいです。