3DCGアニメーター
遠藤和希

このお仕事を選んだ理由は?

 

僕は元々、一般的な営業販売の仕事をしていたのですが、どうしてもクリエイターになりたいという

夢を諦められなくて、その仕事を辞めました。

で、僕の大好きな某ゲームのCGを制作していたのがこの会社だったので、応募しました。

弊社には山形県にも支社があるのですが、僕はお隣の福島出身でして。

クルマで福島から、山形に滞在中の社長に会いに行って、僕の熱意を伝えました。

そしたら「やってみなよ」と快諾して頂けて、今に至ってます。

3DCGアニメーターとはどんなお仕事でしょうか?

 

「動き」を作る仕事です。キャラクターモデルをクライアント様からお預かりして、

それに動きを付けるイメージです。

鏡の前で自分で動いたり、自分の演技を撮影したり、ニュアンスを確認してから動きを作っていきます。

ゲームですと、「ムービー系」「インゲーム系」に大きく分かれていまして。

前者ですと、映像としての見せ方・見え方に注力します。

後者の場合は、1つ1つのモーションをパズルのように組み立てて、

ゲームとして成立するか、気持ち良く遊んで頂けるか、という点にウェイトを置きます。

どちらも、かなり繊細なニュアンスが求められます。

3DCGアニメーターのお仕事に必要なスキルを教えて下さい

 

とにかく「見ること」ですね。見る力が重要です。

ただし!見た後は必ず、物理的に考察したり、解剖学的に解析できる知識も必要です。

そういうことに気付けないと、変な動きになっちゃいますからね。

 

最近、会社で一番楽しかったのはどんな事でしたか?

 

自分が作ったものが日々、形になっていくことが楽しいです。

クライアント様から、「良いモーションができました」とお褒めの言葉を戴ければテンションも上がりますし、自分が作ったモーションで、クライアント様やゲームユーザーのお客様に喜んでもらえることが、

一番嬉しくもあり、楽しいですね。

 

 

休日の楽しみは何ですか?

 

休日は絵を描いていることが多いです。

良いポーズを3Dで表現するためには、

スケッチやデッサン、イラストを描くことも大切。

そういう意味では仕事にも活かせる趣味ですね。

 

最近お給料やボーナスで買った自慢の一品を教えて下さい!

 

一品ではありませんが、ちょっと高めの食事をしました(笑)。

レベルアップ横浜スタジオの魅力は?

 

福利厚生が充実しています。

最近、ちょっと自分の住んでいるアパートの騒音がストレスだったので、会社に相談してみました。

そしたら即、会社のほうで引越し手配をしてもらいました。

社内は和気あいあいとした雰囲気で、コミュニケーションが取りやすいです。

歳が離れていても、親しい距離感で話したり出来ますしね。

あとは、海が近くてロケーションが素晴らしいです(笑)。

 

今後目指していることや、目標について教えてください

 

お客様に良いものを届けることが一番かなと思います。

今以上に良いものを届けられるクリエイターになりたいです。

 

最後に、3DCGの世界を目指す人へのアドバイスをお願いします

 

世の中に溢れている様々な動きを見て、自分でもそれを再現したい、作ってみたいと思う気持ちを

強くはっきりと持って欲しいです。

この世界にどっぷり浸かりたいというモチベーションを持って、飛び込んでみて下さい。